ASV15-1BP

ASV15-1BPシリーズ

[裸眼立体視を可能にする、モバイルモニター]

アイトラッキングにより3Dメガネなどを使わず、3D立体映像表示を可能にする、Acer SpatialLabs™ View Pro。15.6インチ 4K画面から広がる、新たな次元へ。

カタログのダウンロード

クリエイティブを、
つぎの次元へ。

創造のすべてを、Spatial=空間で行うこと。
それは、あらゆるものに形を与える、つくり手の新たな可能性。
裸眼での3D立体視を実現し、創作の環境を
2次元から3次元へと飛躍させるSpatialLabs™ のテクノロジーは
デザイン、エンジニアリング、アート、幾多のジャンルを超えて
クリエイターの直感とテクノロジーをつぎの次元へと導く、Acerの挑戦です。

SpatialLabs ロゴ

Acer SpatialLabs™ View Pro
UnrealEngineに対応。裸眼3D立体視を実現する先鋭のテクノロジー。

Acer SpatialLabs™ View Pro 「ASV15-1BP」は、アイウェアを使わずに裸眼での立体視を可能にする15.6インチ 4K(3840×2160)モニター(4Kは2D表示の場合)。アイトラッキングソリューション、立体3Dディスプレイ、リアルタイムレンダリングの組み合わせにより、立体のオブジェクトがディスプレイの前に浮かんで見えるだけではなく、そのオブジェクトをリアルタイムで360°回転させることができます。3DメガネやVRゴーグルは不要。3D制作プラットフォーム、Unreal Engineにも対応しています。3Dアニメーター、開発者、CAD デザイナーなど、あらゆるクリエイターのビジョンを実現します。

アイトラッキング技術

Webカメラの両脇に、独自のイメージセンサーで構成された専用カメラを搭載。目、顔の位置と動きを認識して、捕捉します。 顔と目を認識できる距離範囲内で動作します。 アイトラッキングカメラは、一人の顔と目の位置を認識します。複数名で見ると、正しく動作しません。

AI(人工知能)

動画や画像などの2Dコンテンツをリアルタイムに3Dに自動変換。3Dイメージの作成に必要となるデプスマップの推定、ステレオ画像の生成を行う複数のマシーン学習モデルを組み合わせることで、既存の2Dコンテンツを3D映像で体験できます。

リアルタイムレンダリング

リアルタイムレンダリングに対応した専用アプリケーションで、3Dモデルの回転・移動・ドラッグが可能。ユーザーの操作に応じて画像をリアルタイムでレンダリングし、表示されたオブジェクトを左右の視点から見た画像にすることもできます。

プロフェッショナルを刺激する、3つのアプリケーション
SpatialLabs™ Experience Center Professional

アプリケーションをダウンロードすることで、主要な3Dモデリングソフトウェアに対応。プロフェッショナルのワークフローをサポートします。

3D表示アプリ
SpatialLabs™ Model Viewer

対応する3Dソフトウェアを使用し、主要な3Dファイルフォーマット*1のファイルを読み込み、立体的に表示することが可能。アイトラッキング技術と専用カメラが、ユーザーの顔と目の位置情報を捉え、立体3D映像に反映。たとえば、顔を左右に少し移動すれば、あたかもユーザーが左右に一歩ずつ移動したかのように、3Dモデルの見える角度も変わり、背景も連動して動きます。静止画とアニメーションの両方に対応。各種設定項目を選択することで、オブジェクトの移動、回転、拡大・縮小、照明の方向など、さまざまな視覚効果をリアルタイムで確認できます。さらに、Unreal Engineの機能であるDatasmithにも対応。3Dモデル共有プラットフォームSketchfabも統合されているため、3Dアセットのオンラインライブラリへのアクセスが簡単です。


●3Dファイル対応フォーマット:FBX、OBJ、3DS、IGES、GCO、DAE(COLLADA)、GCODE、STP、glb、gITF、IGS、STEP
●3Dファイル対応ソフトウェア:AUTODESK 3DS MAX、AUTODESK INVENTOR、AUTODESK FUSION、CURA、blender、Rhinoceros、Sketchup、Zbrush

1 3Dファイル対応フォーマット、3Dファイル対応ソフトウェアは順次アップデートを予定しています。対応ファイルフォーマットでも、ソフトウェア個別の効果を反映したデータは正しく3D表示できない場合がございます。

3Dレンダリングアプリ
SpatialLabs™ Go

リアルタイムレンダリング技術により、Blender*2の3Dソフトウェアでの作業と同時に、3D立体映像を確認できる機能。マルチモニター環境(もう一台のモニターは別売となります)を使って2Dでデータを作成・編集しながら、リアルタイムで「ASV15-1BP」の画面に立体3D映像をプレビュー表示できます。 また、フルスクリーン2Dコンテンツを、AIが擬似的に3Dレンダリング(サイド・バイ・サイド方式へ変換)し、3D表示することも可能*3。写真や映像、ゲームなどのコンテンツを没入感のあるビジュアルで楽しむことができます。

2 本機能は、Blenderに限定した機能です。PC本体をASV15-1BP以外にもう一台のモニターと接続する必要があります。Blender、およびもう一台のモニターは別売となります。

3 すべてのコンテンツを立体3D表示にするものではありません。DRM保護されたコンテンツは非対応です。表示するコンテンツにより見え方が異なる場合があります。

3D動画再生アプリ
SpatialLabs™ Player

サイド・バイ・サイド映像をステレオスコピック3Dモードで再生することができます。ひとつのフレーム内に、左目用の映像と右目用の映像を左右に並べた形式で作られた映像を、3Dで立体的に見ることができます。

開発の自由度を高めるUnreal Engine対応

3D制作プラットフォームUnreal Engineに対応。Unreal Engineで制作されたプロジェクトの3D表示が可能になります。また、Ultraleapによる非接触ハンドトラッキングのインタラクションにも対応しています。ショールームや教育現場など、幅広い分野において柔軟でスピーディーな開発が可能になります。

洗練されたポータブルデザイン

15.6インチ 4K(3840×2160)*4の画面は、Adobe® RGB比100%、Δ(デルタ)E2未満の色精度で緻密なカラー表現を可能にします。スリムで洗練された約1.46kgの軽量ボディは、折り畳み式のメタルスタンド付で持ち歩きも簡単。内蔵バッテリーは最大約5時間*5の駆動が可能です。また、VESAマウント100×100mm対応で、モニターアームなどへの取付も可能です。

4 2D表示の場合。

5 使用シーンや環境によって異なる場合があります。

PC作動要件

SpatialLabs™ View Proにより裸眼3D立体視を作動させるには、下記の動作環境が必要になります。PCは別売となります。

デスクトップPC
OS:Windows 10以降
CPU:Intel® Core™ i7、あるいはそれ以上(Intel® 第8世代以上)
GPU:NVIDIA® GeForce RTX® 2080、あるいはそれ以上

ノートPC
OS:Windows 10以降降
CPU:Intel® Core™ i7、あるいはそれ以上(Intel® 第8世代以上)
GPU:NVIDIA® GeForce RTX® 3070 Ti Laptop GPU、あるいはそれ以上

おもな仕様比較

Acer SpatialLabs™ View Pro Acer SpatialLabs™ View
型番 ASV15-1BP ASV15-1B
総合アプリケーション SpatialLabs™ Experience Center Professional SpatialLabs™ Experience Center
アプリケーション SpatialLabs™ Model Viewer
*Datasmith対応、Sketchfab対応
SpatialLabs™ Model Viewer
*Datasmith非対応、Sketchfab非対応、対応ソフトへのアドオン非対応
SpatialLabs™ Go SpatialLabs™ Go
SpatialLabs™ Player SpatialLabs™ Player
SpatialLabs™ TrueGame
各種対応 Unreal Engine対応
Ultraleapハンドトラッキング認識技術対応
ハードウェア VESAマウント(100×100mm)対応
Adobe RGB100%、Delta E<2 Adobe RGB100%
本体色 ブラック スティームブルー

ご使用にあたって

コンテンツを正しく表示するには
・ご使用環境で周囲からの強い光は避けてください。眼鏡を着用したまま立体3D映像を視聴できますが、光を反射して、目の位置を正しく認識できない場合がございます。
・体と顔を画面の中央に合わせてください。
・立体視に対応する距離は、画面から35〜75cm以内で35~55cmがおすすめです。最適な表示範囲は、液晶画面から前述の距離を保った状態で、液晶画面を中心として左右に17cmずつです。
・3Dアプリを起動する際、またはSpatialLabs™ Goを使用する際には、画面に「カメラオン」の通知が表示されていることを確認してください。通知は、立体3Dモードがオンになっていることを示します。
・大きな動きや素早い動きは認識できず、立体3D映像に反映できません。
・立体視の機能は、一度に1人のユーザーに対してのみ機能します。追跡カメラの精度を妨げる可能性があるため、後ろに立っている人がいないことを確認してからご使用ください。

ご使用にあたっての注意点

・目の疲労、気分が悪くなるなど、体調の悪化、不調(3D酔い)を感じたら、直ちに使用を中止してください。
・長時間の利用は避け、こまめに休憩をとってご使用ください。
・症状が回復するまで、十分に休憩をとってください。症状が続く場合は、医師にご相談ください。
・お子さま(特に6歳未満の子)のご利用は避けてください。お子さまがご利用になる際は、3D映像を視聴する前に、小児科や眼科などの医師にご相談いただくことをおすすめします。大人のかたは、お子さまが上記注意点を守るよう監督してください。

SpatialLabs™ 開発者サイト

SpatialLabs™ テクノロジーを使用したプロジェクトの開発に役立つ便利なドキュメントやツールをご用意しています。(英語サイトになります)

詳しくはこちら

SpatialLabs™ シリーズ

ノートパソコン ConceptD 7 SpatialLabs™ Edition CN715-73G-SL76Z

詳しくはこちら

SpatialLabs関連のよくある質問

詳しくはこちら
型番 Acer SpatialLabs™ View Pro
ASV15-1BP
JANコード 4515777620611
パネルサイズ 15.6インチ ワイド
液晶パネル方式 IPSパネル搭載、光沢
表示領域 344.22 x 193.62 mm
最大解像度 3840×2160 4K 16:9 *1*2
画素ピッチ 0.09 mm
表示色 約1670万色
色再現性 Adobe RGB 100%、Delta E<2 *1
可視角度 水平170° / 垂直170° *1
視野範囲 X ± 17 cm, Y ± 30 cm, Z 35~75 cm *3
輝度 380 cd/㎡(白色LED)
コントラスト比(最大) 5,000:1(ACM) *4
コントラスト比(通常) 1,200:1
応答速度 <30 ms
入力周波数 水平 30-135kHz(HDMI)
垂直 23-75Hz *1 *2
入力信号 デジタル
入力端子 HDMI 2.0(HDCP 1.4/HDCP 2.2対応) x1
音声入力端子 非搭載
ヘッドホン端子 非搭載
スピーカー 非搭載
その他接続端子 USB 3.2(Type-C Gen1) x1、USB 3.2(Type-A Gen1) x1、SDカードリーダー x1
表示アスペクト フルモード 対応
固定拡大モード 対応
1:1モード 対応
固有機能 VRB/MPRT 非対応
Over Drive 非対応
Over Clock 非対応
FreeSync 非対応
G-Sync 非対応
HDR 非対応
ブルーライト軽減 ブルーライトシールド
フリッカー軽減 フリッカーレス *1
PIP/PBP 非対応
その他機能 SpatialLabs™ Tracking Camera x2、SpatialLabs™ Model Viewer(3D表示アプリ) *6、SpatialLabs™Go(3Dレンダリングアプリ) *6、SpatialLabs™Player(3D動画再生アプリ) *6
プラグ&プレイ VESA DDC2B(DDC/CI対応)
電源入力 AC アダプター(45W、100-240V、50/60Hz)
内蔵バッテリー:56 Wh リチウムイオンバッテリー(最大5時間)*7
主電源スイッチ 搭載
消費電力 通常(※弊社実測値) 11.13 W
最大 19.65 W
スタンバイ/オフ モード 0.08 W/0.02 W
環境条件 使用温度 0~40℃
使用湿度 20~80%(結露のないこと)
各種適合規格等 グリーン購入法 非対応
RoHS指令 対応
J-Mossグリーンマーク 対応
国際エネルギースター
プログラム
非対応
PCリサイクル 対応
PSE(電気用品安全法) 対応
CCC 対応
その他 ISO9241-307, VCCI-B, FCC, CE
本体色 ブラック
チルト角 最大45°
スイベル(左右首振り)機能 非対応
高さ調整機能 非対応
ピポッド機能 非対応
VESAマウント(壁掛け) 100 x 100mm対応 *8
ケンジントン・ロック(盗難防止用) 非搭載
本体寸法
(W)×(H)×(D)mm
スタンドあり 約 359.8 x 243.8 x 23.5
スタンドなし 約 359.8 x 243.8 x 21.5
本体重量 (kg) スタンドあり 約 1.46
スタンドなし 約 1.30
台座寸法(W)×(D)mm
包装寸法(W)×(D)mm 約 454 x 284 x 67
包装重量(付属品含む) 約 2.9
付属品 HDMIケーブル(1.5m)、USB Type-C to Type-Aケーブル(1.5m)、ACケーブル(1.5m)、ACアダプター、クイックガイド、保証書、修理依頼書、ソフトウェアのダウンロード案内
保証期間 3年(パネル・バックライトユニットは1年) *9

*1 2D表示の場合。
*2 解像度3840×2160時に対応する入力周波数(垂直)は60Hzです。実際の立体視の有効解像度は4K以下となります。
*3 3D表示の場合。
*4 ACMの設定を有効にする必要があります。
*5 3D表示には以下の注意点をご確認ください。
  ・同梱の専用USB変換ケーブル接続が必須です。PCのUSB 3.2(Type-A)ポートに接続してください。
  ・同梱のHDMIケーブル接続(Ver. 2.0以上対応)が必須です。
  ・PCの作動要件:
   OS - Windows 10以降
   <デスクトップPC>CPU - Intel ® Core™ i7、あるいはそれ以上(Intel ® 第8世代以上)、GPU - NVIDIA ® GeForce RTX® 2080、あるいはそれ以上
   <ノートPC>CPU - Intel ® Core™ i7、あるいはそれ以上(Intel ® 第8世代以上)、GPU - NVIDIA ® GeForce RTX® 3070 Ti Laptop GPU、あるいはそれ以上
  ・3D表示する際、本製品及びPCには、電源コードの接続を強くおすすめします。
*6 接続するPCに総合アプリケーションSpatialLabs™ Experience Center Professional(ASV15-1BPの場合)またはSpatialLabs™ Experience Center (ASV15-1Bの場合)をインストールする必要があります。
*7 使用環境によって異なる場合があります。
*8 VESAマウントを使用するにはスタンドを外す必要があります。
*9 本製品の故障時は製品交換となります。

お見積り・お問合せ

製品のお見積り、お問合せは、ご指定の製品を『お見積りリスト』に追加し、『お見積り・お問合せ』フォームよりお申し込みください。

モニタサイズ解像度表面処理入力端子

ASV15-1BP

お見積りに追加済
15.6インチ ワイド
(ブラック)
3840×2160
4K
16:9
IPS方式
グレア(光沢)
HDMI 2.0(HDCP 1.4/HDCP 2.2対応)x1