Business DN'A Information Site

GIGAスクール構想を正しく理解して最適なデバイス提案を!

GIGAスクール構想を正しく理解して最適なデバイス提案を!

Point1 GIGAスクール構想とは?

Point 1GIGAスクール構想とは?

GIGAスクール構想の[GIGA]ってなんの略? 通信速度で使うギガビットではなく、Global and Innovation Gateway for Allの略です。

GIGAスクール構想の[GIGA]ってなんの略?通信速度で使うギガビットではなく、Global and Innovation Gateway for Allの略です。

GIGAスクール構想とは、Society 5.0 時代に生きる子供たちの未来を見据え、児童生徒向けの1人1台学習用端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する構想で、2019年12 月 13 日に閣議決定されました。
2019年度補正予算案に2318億円が盛り込まれました。
(公立:2,173億、私立:119億、国立:26億)

誰一人取り残すことなく子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けた施策です。
平たく言うと児童生徒に1人1台の学習者用端末と、クラス全員が一度にアクセスしても利用できる通信環境を整備するものです。

1人1台では、1台4万5000円限度に補助を実施し、2022年度までにすべての小中学校で3クラスに1クラス分の学習者用端末を整備します。

GIGAスクール構想とは? 「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現を見据えた施策パッケージのことです。

GIGAスクール構想とは?「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現を見据えた施策パッケージのことです。

「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現を見据えた施策パッケージ
PDFはこちら

いつまでに何をやるの?

いつまでに何をやるの?

1.児童生徒1人1台コンピュータを実現 1台当たり4.5万円を補助。令和5年度までに、小中全学年で達成 2.高速大容量の通信ネットワークの整備 令和2年度までに、全ての小・中・高校・特別支援学校等で校内ネットワークを完備(1/2補助)
ハード面のポイント 1人1台45,000円を限度に補助 校内のネットワーク整備(1/2を補助) 2022年度までにすべての小中学校で実施※令和2年度は小5、6・中1から実施

GIGAスクール構想のロードマップ

GIGAスクール構想のロードマップ

令和5年度までに「1人1台」を達成するため、まずは小5,6,中1のデバイス整備と、校内ネットワークの整備を令和2年度中までに実施し、令和3年度からは中2,3、令和4年度は小3,4、令和5年度は小1,2の準備でデバイスを整備していく。

GIGAスクール構想の実現のロードマップ
PDFはこちら

出典:文部科学省ホームページ (https://www.mext.go.jp/